そらのうきぶくろ

Miscellaneous

B1F~B2F

――冒険者ギルドにて

./images/IMG_1588.JPG
ミロード
今日はこのメンバーで行くのか。
ジョシュア
あぁ。気分で決めたぜ。
時雨
気分って…。
サイモン
パラディンが居ないのが少々不安だが…戦闘不能者が出たら、僕が簡易蘇生で何とかしよう。
ゲルダ
…簡易蘇生…名前が不安…。

B1F 希望に満ちた冒険者が踏み固めた大地

――樹海へ

ジョシュア
さーて、執政院からの許可は下りたんだろ? どんどん先に進んでいこう。
サイモン
まぁそう慌てるな。まだ探索していない場所があるだろう。
./images/IMG_1589.JPG
サイモン
ほら、こんなものがある。
ミロード
へえ…探してみるものね。
ゲルダ
…冒険者の遺品かしら。
時雨
取ってと言わんばかりに置いてあります。しかも、3つも。
ジョシュア
誰かに取られないうちに頂いておくか!
ゲルダ
…(誰かが補充でもしない限り、とっくに空になってる気がするけど)。
./images/IMG_1590.JPG
ジョシュア
なんだ? これは…薬瓶?
時雨
蜜の匂いがします…。ふむ、中々いいものを使って……はっ!
ミロード
考察してないで。ほら、仕舞うわよ。
時雨
す、すみません。つい。
サイモン
それはネクタルという蘇生薬だ。材料が珍しいからな、あまり手に入らないと思った方がいい。
ゲルダ
…大事に持ってる。
ミロード
使うタイミングはしっかり見極めて、という事ね。
ジョシュア
あとは解析グラスってのと火術の起動符ってのが入ってたな。
ミロード
起動符…?ふうん、面白いわねこれ。術式が込められているみたい。
サイモン
僕も使ったことがないな。使う機会が特になかった。
ゲルダ
…解析グラスは?
サイモン
そいつは敵の情報を読み取れる使い捨ての装置だが…僕は博識だからな。敵については把握済みだ。
ジョシュア
やるじゃん。
ゲルダ
…自分で言うのは何か痛々しい。
時雨
そういえば、例のはさみカブトなる敵が出ましたけど。
ミロード
術式がかなり効いたわね。みんなの3倍くらいか。
ゲルダ
…嫌味に聞こえる。
ジョシュア
ちぇー。だってあの殻、剣を攻撃通さないんだって。
サイモン
あいつはそういう敵だ。術式は惜しみなく使って欲しい。
ミロード
了解。
./images/IMG_1591.JPG
ジョシュア
おお? なんだ、この穴?
時雨
階段…のようです。何処に続いているんでしょう?
サイモン
地下2階と呼ばれている所に続いている。この樹海は意外と分かりやすい階層構造をしているぞ。
ゲルダ
…物知りね。
ミロード
出現するモンスターが変わることはあるの?
サイモン
ああ、その筈だ。…しかしこれで、ようやくフロアジャンピングが出来るようになったな。
時雨
フロアジャンピング…前回も言ってました。一体何なんです?
サイモン
フロアジャンピング…それは、地図に階の構造を詳細に書き記した時、階段の元へと跳躍する事が出来る技だ。最も、世の中に数人しか居ないという「真のフロアジャンパー」は座標を指定するだけで自在に跳躍できるらしいが…。
ジョシュア
そうなのか、で、サイモンはどっちなんだ?
サイモン
残念だがまだ僕は真のフロアジャンパーではない。詳細に書き記された地図が必要なんだ。
ミロード
ふうん、そういう世界もあるのね。じゃ、そろそろ行きましょうか。
時雨
(さ、さっぱりついていけない…)

B2F 自然と人間の狭間、緑の光溢れる場所

ジョシュア
よーし、張りきっていこうぜ。
ゲルダ
…慎重に。
./images/IMG_1593.JPG
時雨
随分と大きい岩があります。
ミロード
邪魔ね。全く、これじゃ迂回しないと…。
ゲルダ
…ふふ。
ミロード
? どうしたのよ。
ゲルダ
…こことここ。なんだか、動物の足みたい。…ふふ。
ジョシュア
おいおいー。そう見えるだけだろ。
サイモン
盛り上がっている所悪いが、こいつは岩イノシシといって、普段は岩に擬態しているモンスターだ。
ミロード
えっ、嘘ぉ。
ゲルダ
…ミロード、口調が。
サイモン
普通はこちらから危害を加えなければ全く害のない生き物だが…たまに獰猛な奴がいてな。
時雨
こ、この大きさのモンスターが襲い掛かってきたら…。早く離れましょう。
サイモン
まあ、確かこいつはおとなしい個体だったと思うがな。もし追われたら、現時点ではまず勝ち目がないから、注意しておくんだな。
ジョシュア
そ、そうなのか…。わかった。

――奥に進もうとした瞬間…

時雨
っ…こ、この叫び声は?
サイモン
来たか…。
./images/IMG_1595.JPG
ジョシュア
うわ…や、やばそうな奴がいるぞ。
ミロード
また立派な蹄ね。どうしたものか。
時雨
どうしたもこうしたも…逃げるしかないのでは。
ゲルダ
…私もそう思う。無用な戦いは、しないほうがいい。
サイモン
ああ。奴は今まで戦った敵とは比較できないほど巨大で恐ろしい敵だ。動きを読んで、戦闘自体を回避するべき相手だ。
ジョシュア
おいおい、B1Fにはこんなの居なかったってのに、B2Fってもしかしてやばい奴ばっかなのか?
ミロード
そういえばまだ敵と戦っていないわね…って、来たわ。
./images/IMG_1596.JPG
時雨
さっきまで1体でしか出てこなかったはさみカブトが、徒党を組んできました。
ジョシュア
痛いな、くそっ。一撃食らうだけで一気に体力が削られるぜ。
時雨
私、正直死にかけました。…いたた。
サイモン
命の息吹を…!流石にダメージが大きすぎるな。そろそろ、装備を買いに行った方がいいかもしれん。
ジョシュア
そうしよう。流石にツイードだけじゃ敵の攻撃を防げないって。
時雨
この間刀を買いにいったときはろくなもの置いていませんでしたが。少しは品揃えが充実してきましたかね。
ミロード
貴方、見かけによらず意見が辛辣ね。
時雨
…そんな子供っぽく見えますか。

――アリアドネの糸を使って帰還

./images/IMG_1597.JPG
サイモン
(む、彼女は…!)
ジョシュア
おっ?見かけない人がいるぞ。
ミロード
私達もこの街では新参者なんじゃないの。
ゲルダ
…兵士と話してる。
./images/IMG_1598.JPG
時雨
あ、こっち気付きましたね。なんだか見苦しい言い訳を。
ミロード
しかも妙に偉そうね。
ジョシュア
まぁいいや、装備を買いにいこうぜ?
サイモン
今日はもう遅い。装備を整えたら明日の朝まで睡眠を取るか。
ジョシュア
おっけー。よーし、何があるかなっと…。
ゲルダ
…やった。ミロード、一緒の部屋がいい。
ミロード
ちょ、ちょっとみんな見てるでしょうにこら。行くよ。
時雨
…(じぃ~)。

――武器・防具を購入。(B1Fで出る可能性のある装備のみ)そして就寝。